地域包括ケア病棟

1.地域包括ケア病棟とは

急性期治療を経過し、病状が安定したものの、すぐに在宅へ退院するには不安のある患者様に対して、在宅復帰に向けた医療や支援を行う病棟です。

心身が回復するよう医師や看護師、病棟専従の理学療法士などにより、在宅復帰に向けて治療・支援を行っていきます。また病棟専任の医療ソーシャルワーカーが患者様の退院支援をいたします。

17_01.gif

2.地域包括ケア病棟への入院対象となる患者様とは

  1. 入院治療により状態は改善したが、在宅に戻るには、もう少し治療継続が必要な患者様
  2. 入院治療により症状が安定し、在宅復帰に向けてリハビリテーションが必要な患者様
  3. 在宅での療養準備が必要な患者様

入院期間は状態に応じて60日が限度になっております。

3.入院費について

入院費は定額で、入院基本料・リハビリテーション・投薬料・注射料・処置料・検査料・画像診断料などの費用全てが含まれています。

17_02.gif

4.入院に対する留意点

一般的な血液検査、レントゲン検査、投薬治療は可能ですが、急性期病棟で行うような特殊な検査、手術などには対応できません。

病状の変化の為、主治医が集中的な治療が必要と判断すれば、急性期病棟にお部屋を変更する場合があります。

イメージ図

17_03.gif